12.17.2012

衆議院選挙

 本日は衆議院選挙。皆さんは行かれましたか?
 戦後最低の投票率となった今回の選挙。今の厳しい時代を長く創ってきた自由民主党に政権が戻るというとても信じがたい、長い日本史の中で大きな局面を迎えた一日だったと思います。

 テレビを主体としたメディアは投票前から自民党圧勝と報道を繰り返す中、「本当にみなさんそこに任せる気?」と強い疑問が湧いていました。マニュフェストをよくよく見たら普通の国民は自民党を指示しないでしょ!?

 人間とは、宇宙から見たらただの地球上の動物の一種。決して特別なものではないはず。その動物の使命の一つは子孫繁栄。子どもたちを守れなくちゃ未来は絶対に無い!
 
 選挙に若者の意識が薄いというのは分かるが、仕事が無いこの時代そうも言ってられないはず。たった一度きりの人生をきちんと全うするためにも、はっきりと主張するところは主張しなければ、権力を行使する者たちに いいように扱われる、どんどん格差社会が広がっていく、一般市民が一番苦しむ…そんな日本は悲しいです。子どもたちには選べません。

 他人任せにしちゃいけないと強く思います。もう良かった日本の時代は完全に終わってます。一番必要なのは国民の意識を高めることだと思います。ぬるま湯につかっていてはダメだと思います。国民の意識を上げることが、今の日本にとって一番の薬ではないでしょうか?



0 件のコメント:

コメントを投稿