12.09.2010

U4について解説

それではU4の解説をします。

まずはこの名前の由来からご説明。
下の写真は1987年位のカタログです。
まだメーカー名はマリンプラスチィック時代のもの。
バインディングはまだスキー用のハードブーツ。これは今のアルペンの原型となったもです。
それにしてもライダーのNoriko Kouchiさん乗れてますね〜。



'83 H1 → '84 V1→' 86 RV2 →’87 RV3と続き、時代はスノーサーフィンからフリースタイルへ。特にV1は当時Vボトムデザインで鮮烈なデザインとして注目を浴びた板でした。

そして20年が過ぎた今、再びにわかに盛り上がるスノーサーフィンカルチャーに当時のV1のコンセプトをそのままに、現代の製造技術と材料を駆使しリバイバルしたのが U4 というわけです。

詳しくはモススノーボードの歴史をチェック

さて、"U4"の"U"とはコンベックス形状のボトム(ノーズのボトムがUの字のような盛り上がり方をしている)を採用しているところからのネーミングです。

ということでU4はリバイバルされたSNOWSTICKの中では王道的な板というわけです。
そうなるとSNOWSTICKマニアとしては外せない一本なことは間違いないですね〜(笑)




それではU4の特徴を書いていきましょう。

・体感スピードの速さ 
オーバーレングス(全長)とランニングレングス(ソール面が接雪している部分の長さ)が短いのでスピーディーで体感スピードがとても速い

・しなやかで反発がある 
芯材は…バンブー(しなやかで反発あり)+ポプラ(硬くて張り感あり)=少し柔らかめのフレックスで反発も備えているので低速から中高速域まで楽しめる

・自由度が高い 
低速から板が動くということは、自由度が高いということ。

これを例えると…
オールラウンドボード(キャンバー)は走行安定性が高い→四輪駆動の車
に対して
U4は自由度が高い→2輪のバイク

自由度が高いということはアップスン・ダウンまたはスケートのカーバーの様な自分で板を走らせる動きがしやすい
要するに斜面に対して重力で板を走らせる楽しみと違い、緩い斜面でも自分で板を動かすことによって自力走行することが出来る。というかしやすいということ。
ここがとても楽しいとこですね〜。


・アウトライン(短いテール)
極端に短いのでスノーボードと違った姿勢で乗らないと乗れない。
ということは初めてスノーボードに乗った時と同じく新鮮な気分を味わえる

違う姿勢とは前足をしっかりと踏む姿勢のこと。
これはサーフィンの姿勢と一緒です。

3D地形(沢や壁)でのトップアクションがとてもイージー。テールが短い分、板が返り易い。→スラッシュなどのリップアクション

パウダーではツリーランのコントロール性が高い
特に緩い斜面のツリーや細かいツリーの時など。
これは短いテール+低速での自由度が高いため。

・パウダーでは 
オーバーレングスが短くなった分、板を太くすることによって十分なボトム面積を得ているためしっかりと浮く。(体重75kg位の方は十分に浮きます)

アウトラインでも少し書いていますが、テールが短いとノーズが浮きやすい。
ということは楽にパウダーライディングが出来る
しかし、前足を踏んであげないと失速する。←アクセルコントロールここがとても重要でオールラウンドボードにはない楽しさと乗りやすさが隠れています。(後日詳しくUP)

とこんな感じでU4の特性をザッと書いてみました。
ご参考にどうぞ。

3 件のコメント:

  1. いままでオールラウンドボードに乗っていたのですが、今シーズン初めてMOSS SNOWSTICKを購入しました。
    知人の勧めでこのU4に決めました。
    まだ乗り方がよくわからず苦戦していたのですが、とても参考になりました。
    ありがとうございます!

    返信削除
  2. To 匿名 さん
    snowstickご購入ありがとうございます。
    Blogで伝えれることはほんの一部ですが、一番のポイントでもあると思います。 そしてこれからも少しずつお伝え出来ればと思っています。

    良いライディングイメージを持つことは楽しさの幅を拡げる鍵だと思います。 ヨコノリの良いところである「出会いとセッション」は良いイメージを与えてくれる一番の出来事ではないでしょうか!?機会がありましたらどうぞご一緒お願いします。

    返信削除
  3. はじめまして。先日たかつえ試乗会に行ってきました。Q目的だったのですが、小気味にターンを切れるU4の乗り味に衝撃を受けました。パウダーに前足で乗る感覚がはじめてわかり、記憶に残る1日でした。
    乗ったのはQ→68PT→U4→Q505→U5→U4EXを乗らせていただき、最終的にU4かQ、U5に決めようと思ってます。ただ、私は体重が80kg近く、たまに10kgくらいの荷物を背負って滑ることを考えると、U5にすべき?とも思っています。U5はノーズが長くバタついていたのが気になってます。
    ・U4→浮力に不安
    ・U5→タイトなツリーランに不安
    ・Q→なにかいろいろできそうだけど、柔らかすぎるフレックスが少し不安。

    すごい迷ってるんですが、いいアドバイスがあればお願いいたします。
    あと、U4とU5の違いって、長さだけですか?U5の方が柔らかい感じがしたのですが・・・?
    よろしくお願いいたします。

    返信削除