12.22.2017

PVLC...ボードをズラす行為はネガティブ!?

昨日のPRIVATE LESSON CAMPの様子をアップします。
ライディング写真や映像が無いのは残念ですが、ご了承ください。

2017 12/21 PVLC in 丸沼高原
昨日の丸沼高原は低温で雪質も最高、バーンは程よく締まり最高のコンディションででした。

内容的には予定通りに消化しました。

12/21募集中の開催初級レッスン内容
午前中 

  • 基本姿勢、 
  • 上下動 
  • サイドスリップ 
  • 斜滑降 
  • ロング基本、反復
  • ミドルターン 

午後 

  • 午前反復 
  • ショート基本、反復 
  • 総合滑走


僕達が開催しているこの初級者レッスンは、ターンを練習している方には少し驚かれます。
なぜなら徹底的にボードをズラす練習をするからです。

ほとんどのご参加者は
『ターンの時ズラシてはいけないと思っていた』
『ズラす=ネガティブなイメージ』
と考えているようです。


しかし、よく考えてみてください。

ズラす動作とは〜
  • スピードを調整する
  • ブレーキをかける

車でもバイクでも自転車でも乗り物にはブレーキが付いています。
スノーボードのブレーキはキャンバーです。ボードをズラした時に雪面に反発するように作られています。

もし車などの乗り物のブレーキ性能が低かったらどうでしょうか?
そうです。ストレートもカーブもスピードを出せないし、常に不安があります。

それをボードに置き換えたら!?
車などと同じです。ストレートもカーブもスピードを出せないし、常に不安があります。

ブレーキ性能が低い車で速度を出したり、急なターンをしたり、高速ターンをしたりするとどうなりますか?
危険極まりない行為なのは皆さんご理解できると思います。

それはスノーボード・スノーサーフィンも一緒です。
高速ターン(カービング)を練習する前にブレーキ性能(ズラし)のレベルを上げなければ、危険極まりない行為です。



プロライダーや中上級者は〜
どんなこディションでも止まれる、危険をかわせる技術があるからこそ、高速で連続カービングを行うことが出来きます。僕達のレッスンメニューもカービングは中級から学ぶことになります。


安心・安全なブレーキ動作を習得することが、スノーボード・スノーサーフィンの最初に学ばなければいけないことの一つとなります。



SSLC

PVLC
https://snowsurfin-lesson-camp.blogspot.jp/2017/11/17-18-private-lesson-camp.html
1月、2月のスケジュールを下記ページにアップしましたので、ぜひチェックを!

0 件のコメント:

コメントを投稿