11.11.2018

SNOWSURFIN' Lesson camp Before & After


2018 シーズン全3回+東西合同ラストキャンプにご参加いただきましたゲストさんのBefor&Afterをご紹介!
Beforeは初回ボジションのレッスン後
Afterは春 東西合同ラストレッスンにて
図解



Before

 朝イチ ポジショニングをトレーニングした後のショット。バーンは滑りやすコンディション。体をターンの内側に傾けて(内倒)ボードのサイドカーブ(エッジ)に乗ってターンをしている状態です。上体も高くボードに荷重があまりされていな姿勢です。この雪質だと無難に滑れていますが、路面コンディションが悪くなると転んでしまいます。
After
 気温が高かった春のこの日は、路面コンディションがとても柔らかく滑るのに非常に難しい状態でした。しかし、ボードの真上に乗り、姿勢を低くし、しっかりとボードに荷重をした素晴らしいターンを見せていただきました。この姿勢こそ私達が皆様に伝えているどんなコンディションでも安定して滑ることができる基本姿勢です。(サーフィンでも通用します) 
 ワンシーズン、たった4回の受講でこの様なソール面で走るサーフライディングが習得できます。一生モノの基礎技術と安全性をぜひ皆様にご習得していただきたいと思っています。

19シーズン間もなく詳細をアップ!
http://snowsurfin-lesson-camp.blogspot.jp/


2018 SNOWSURFIN' LESSON CAMPギャラリーへ戻る


SNOWSURFIN' LESSON CAMP 初級クラス詳細ページ

18-19 PVLC詳細ページ
18-19 SSM 詳細ページ

Link
トリップにでかけた数日間 ホットワックスなしでも
しっかりと走り続けてくれるワックスって?
Blends waxワックスの効率的な使い方

0 件のコメント:

コメントを投稿