9.13.2018

Midlength board

Devon Howard からRepost
ものすごくCoolなMid lengthボード乗りのDevon Howard から下のMovieをRepostさせてもらっています。
Midlengthって?
ショートボードでもない、ロングでもない中間の長さ。


NEW VIDEO Wing Pin175
僕の昨シーズンの映像。
秋田駒ヶ岳のすごく良い日に撮影できたシーン。
この場所での撮影は2010年ぶりかな。
前回は62SWで、今回はWing Pin175で〜

このスピードいかがでしょう!?
スプレーの長さとスムーズなターン
今や僕にとってこのWing Pin175は絶対に無くてはならないボード。
とにかく機能的。秋田駒ヶ岳では断然No.1の使用率。ゲレンデでも頻繁に乗っています。というか楽しい。
Wing Pin175が生まれた経歴とは?
僕も2011年からミッドレングスのサーフボードに乗っていて、その機能性をスノーサーフィンボードに置き換えたらどうだろうという試みで175cmのWing Pin175を作った経歴があります。 

Wing Pin175の得意・不得意

  • ゲレンデカービング◎
  • パウダー◎(深い、斜度のない、斜度のある、風で締まったパウダー全てで)
  • ザラメ◎
  • バックカントリー◯(個人的には◎)
  • 細かいツリー◯(個人的には◎問題なし)
  • バーチカルのたった壁☓〜△


Wing Pin175を乗りこなせる人は上手い人!?
実は開発当初から沢山売れるボードだと思って作っていませんでした。
それはMOSS田沼さんも承知の上。
なぜなら一般的に175cmもあると長くてメインボードにはならないと考えている人が大多数だからです。

しっかりとボードを踏んで面で乗り
自分でターン弧を決めれる
どのボードでもスムーズに乗れる人は『ボードの面で乗れる、自分でターン弧を作れる』そんなライダーだと思いますが、WP175は誰にでも楽しめるボードなのかは僕には正直まだわかりません。なぜならそこまでデータが集まっていないからです。
ぜひご試乗された皆さんの感想を聞かせて頂きたです。


大きく鋭いカットバック
このザラメの滑ったライン(右側)大きく鋭いカットバックもWP175の個性。


WP175の魅力いかがでしたか?
ぜひ今一度WP175をチェックしてみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿